花飯旅Book_おり子日月抄

シンプルでゆったりした人生を目指すも、実は難しい。日々の思いをつらつら綴っています。

頑張ってお湯を沸かそう

f:id:muroga001:20200207180648j:image

お湯を沸かすのが面倒くさい!と、毎日葛藤しながら湯たんぽを作っています。

 

重いし、割れるかもしれないし、低温やけどは怖いし(昔経験あり)いろいろ厄介な美濃焼の湯たんぽですが、夕方お布団にセットして、夜潜り込むときの幸福のために、今日も頑張ってお湯を沸かします。

 

私の面倒くさがり屋は、本当に果てしない。。。

手作りのお土産

f:id:muroga001:20200202155923j:plain

いとこの家に招待されて、遅めの新年会をやりました。

親戚と言えども、手ぶらで行くわけにはいかないので、家で作ったものをいろいろ持って行ったところ、喜んでもらえました(たぶん)。

秋に収穫したサツマイモのツルを使ってリースの土台を作っていたので、庭のローズマリーと唐辛子をぶら下げてみました。

 

f:id:muroga001:20200202160425j:plain

伊豆下田に行った時に、道の駅で買った橙(だいだい)で、マーマレードを作りました。

橙色という言葉があるように、とてもきれいな色になりました。

f:id:muroga001:20200202160815j:plain

子供には苦いかなと思ったのですが、柑橘ピールも。

 

 

f:id:muroga001:20200202160556j:plain

夏に収穫したバジルでソースを作って冷凍したもの。

 

 

f:id:muroga001:20200202160706j:plain

ぬか床もおすそわけ。

 

f:id:muroga001:20200202161043j:plain

春から小学生になる子供には、ディズニーシーで買ったアナ雪のボールペンが大好評でした。

翌日、夫はインフルにw。

 

食べ物の好みは、人それぞれ違うので手作りしたものをお土産にするのはどうなのだろうと思いますが、きっと喜んでもらえたと思っています(笑)。

 

やっぱりコタツはあたたかい

f:id:muroga001:20200128131056j:plain

天気予報で雪が降るかもしれないと言っていましたが、冷たい雨になりました。

今年は暖冬のようですが、今日のように「ときどき来る」この寒さは、こたえます。

 

そして今朝、億劫で何年も出さなかったコタツをつくりました。

上掛けがずれたり掃除が大変で、主婦の目線では面倒くさいコタツですが、やっぱりあたたかい~。

 

カバーやふとんは実家からもらってきたものです。

穴があいたところに母か祖母のつくろった跡があって、ちょっとしんみりしてしまいました。

 

わたしが子供の頃、母はマメタンを火で起こしてマメタンゴタツにしていました。

今思うと、とても危ない家具だったなと思うけれど、あの温かさは電気では味わえません。

 

わが家は電気ゴタツですが、暖かい季節になるまでヌクヌクします。

夫の料理

インフルエンザにかかった夫ですが、ほぼ快復しました。

 

同じ家にいるので、保菌者になってしまった私ですが、今のところ発病せずにいます。

 

ただ天気のせいなのか、体調がいまいち。

寒おこしに畑に行きたいところですが、1日行ったきりでなかなか行けません。

 

天気も良くないので、今週はおサボりの1週間です。

 

私が会社を辞める前まで、おもに夫が料理の係でした。彼の方が帰宅が早かったのでとても助かっていました。

 

男の料理はガス台が汚れるし、片付けながら料理をしないので、ちょっとストレスを感じますが笑、人が作ってくれる御飯は美味しいです。

 

f:id:muroga001:20200123191323j:image

ハンバーグです。見えませんね笑。

東日暮里の洋食屋、ニューマルヤさんの真似だそうです。

 

f:id:muroga001:20200123191543j:image

かた焼きそばの五目あんかけ。

キクラゲは旅行した時に、道の駅で買いだめしています。

 

f:id:muroga001:20200123191710j:image

カツカレー。

 

f:id:muroga001:20200123191806j:image

オムライス。

 

完全にB級グルメです。

強くなる自分

夫がインフルエンザA型にかかりました。

 

数日前から、ギーギーと不吉な呼吸をしていて、ただの風邪ではないだろうと思っていたので、検査結果を聞いた時は驚きませんでした。 

 

肺機能が低下していたみたいで血中酸素が低くなり、それが原因なのか悪夢にうなされていました。

 

夫よ、がんばれ。

 

私は家族が稀少な病気にかかる家系なので、幼い頃から心を痛めていました。

 

なので、先が見える(完治する)病気に関しては、施す策があるという理由で動じなくなってきました。

 

もちろん、ギーギー呼吸している夫を可哀想に思っていますし、早く快復してほしい。奮発してウナギも買いました。スーパーの国産。

 

昨今、頑張ってねという言葉がタブーと言われるようになりましたが、ではそれ以外の言葉ってなに?

 

浮かびません。

 

個人的には、深読みしないで「うん頑張る」でいいのではと思っています。

 

だって、頑張るしかないものね。

 

強くなる自分とタイトルに付けてみましたが、そうでもして自分を奮い立たせないと、人は前に進めないのです。

 

寒おこし

f:id:muroga001:20200116183150j:image

 

冬の間、畑仕事はあまりないので、しばらくぶりに行こうと思うと、億劫で億劫で、たまりません。

 

もう延び延びに出来ないと思い、重い腰を上げて久しぶりに行った畑はひっそりしていました。

 

今日から春野菜に向けて、寒おこしです。

 

寒おこしとは、シャベルで土を深く掘り、寒気に当てることです。

 

これを行うと、土の中にいる害虫の卵やサナギ、雑草の種が凍死するそうです。

 

また昼と夜の温度差で、土がほくほく柔らかくなる効果も。

 

寒おこしすると、春夏野菜の育ち方が全然違うんですって。

 

一か月かけて、ボチボチやります。

 

f:id:muroga001:20200116183300j:image

今年から、異なる科の野菜の混植に挑戦します。

 

写真はソラマメと玉ねぎ。

 

それぞれに付く害虫の忌避効果、成長促進効果が期待できるそうです。

 

同じウネで、複数の野菜を栽培できるメリットもあるので、とても魅力的な栽培方法です。

柚子皮の冷凍

f:id:muroga001:20200110170526j:image

つねづね、柚子が手軽に手に入るご家庭を羨ましく思っているオリコです。

 

柚子皮を冷凍保存するために、夫に頼んで買ってきてもらいました。一個だけ。

 

一個あれば、わが家は半年以上、柚子生活を楽しめます。ニ個買えばよかったかな。

 

今回は、アルミホイルとクッキングペーパーにのせて30分ほど冷凍しました。

 

f:id:muroga001:20200110170532j:image

f:id:muroga001:20200110171014j:image

 

同じ時間冷凍したところ、アルミホイルのほうが冷たくなっていました。


f:id:muroga001:20200110170536j:image 

昔マルタに旅行した時に買った塩の瓶にほぐして入れて、ふたたび冷凍。  

 

お気に入りのものは、何十年も繰り返して使います。

 

f:id:muroga001:20200110170523j:image

 

鍋焼きうどんなどに添えて頂くと、美味しいですね。