花飯旅Book_おり子日月抄

シンプルでゆったりした人生を目指すも、実は難しい。日々の思いをつらつら綴っています。

ヒュッゲな暮らし

f:id:muroga001:20190523091916j:plain

水曜日は夫が休みの日。

バラがきれいな公園に行ってきました。

 

私の家の前は、近所の人のお散歩コースになっているので、どきどきお話することがあります。

 

先日、見知らぬおじいさんと立ち話。

バラがきれいな公園があるよと、教えてもらって行ったのがこの公園。

 

情報って、インターネットで調べるよりふとした会話で得られますね。

ありがたいなって思います。

f:id:muroga001:20190523092518j:plain

ものすごい急な階段でした。

 

f:id:muroga001:20190523092627j:plain

階段を上ると、素晴らしいバラ園が待っていました。

 

f:id:muroga001:20190523092852j:plain

お花をみて、いやな気持ちになるはずがありません。

 

 

f:id:muroga001:20190523092735j:plain

アンティークっぽい色が気になります。

最近、よく耳にするデンマーク語の「ヒュッゲ」という言葉。

一日の中で、自分が幸せと感じる時間を過ごすことらしいですね。

 

朝、窓を開けて思い切り新鮮な空気を吸う習慣、お気に入りのカフェで大好きな飲み物を飲むとき。

 

人それぞれの「ヒュッゲ」。

 

きょうは、さわやかな五月晴れ。どんなヒュッゲをしようかな。 

 

 

鍋を囲む

f:id:muroga001:20190522171737j:plain

一年ぶりに会った昔の職場の同僚たち。

 

鍋を囲むと、いっきに時間が縮まる。

 

さっきまで同じ会社で仕事をして、お店に合流したという錯覚にとらわれました。

 

志の高い彼女たちは、人のうわさ話などほとんどしない。

この人たちがいないと、シンクタンクの宇宙人たちは路頭に迷うだろうと、改めて思った。

 

億劫と思っていたけれど、やっぱり行って良かった。

 

お店は、お野菜中心の薬膳漢方。料理がすべて美容と健康を考えたメニューでした。

 

f:id:muroga001:20190522172132j:plain

 

f:id:muroga001:20190522171817j:plain

 

 

f:id:muroga001:20190522172022j:plain

スパークリングワインにクコの実が入っていました。

久しぶりに人と会う日

f:id:muroga001:20190521092707j:plain

農園の苺が受粉しなかったようで、なかなか実が付きません。

植木鉢で育てた苺(写真)のほうが、元気。

どんなに一生懸命がんばっても、自分の意に沿わない事ってあるのねと、苺に教えてもらう。

 

きょうは、1年ぶりに会社の同僚たちと東京で集まる日。

 

声をかけてもらうのは有難いけれど、ちょっと億劫と思ってしまうのも事実。

この一年、人と、接触をしていなかったので、うまく話すことが出来るだろうか。

ちょっと心配な、雨の朝。

すべてに意味はある

f:id:muroga001:20190514175336j:plain

先日から契約している市民農園

道が狭くて車が怖いので、車が通らない道を歩いてゆきました。

 

おりこ、道に迷う(-_-;)

 

まったく、どうかしていると、我ながらあきれました。

20分くらいロスして、農園に到着。

 

すると、農園にいた見知らぬオバサンが寄ってきて、「はい」と、大粒の苺を1個を差し出しました。

 

手が汚れているので、受け取るのをどうしようかと躊躇していると、口の中に入れられました(笑)

 

露地栽培とは思えない、立派で甘いイチゴでした。

ありがとう、オバサン。

 

もし、道に迷っていなかったら、農園でオバサンに会うこともなかったかもしれないし、イチゴを頂くこともなかったかもしれない。

 

そう思うと、20分ロスして、イライラしていたことを忘れました。

 

農園の枝豆が、2週間たっても芽が出ないので、再撒き(さいまき)してからの帰り道。

 

おりこ、もう一度、別の道をチャレンジ(意外に、こりない)。

 

すると、ちょっと見たことのある風景になったので、「あ~、この道に通じているのね」と、ほっとしながら歩いてゆくと、「貸し農園」の看板を発見。

 

農作業の恰好をしているので、しら~っと農園に入り、どんな農園か物色してみました。

 

プロっぽい作りをしている人たちはいなさそう。広いし、日当たりも良い。

水道も、トイレもある。

 

そして、いま契約している市民農園より、家から近い!

 

市民農園の契約は、来年の1月で終わり。

市の3か年事業で、畑を借りられるのは3年間なのです。

今年は最終年度。キャンセル待ちが回ってきたので、半年だけ契約したのです。

 

夏野菜の収穫がおわって、この農園に空きがあれば、電話してみよう。

 

家の近くで借りられる農園がないか、何年も探していて、こんなに近くにあったとは。

 

それもこれも、道に迷って20分ロスしたから。

 

そう思うと、すべてにおいて、自分がやっていることって意味があるんじゃないかなと、思うんですよね。

 

と、最近ポジティブに考えられるようになってきた、おりこでした。

人生の折り返し、何をしてゆこう?

f:id:muroga001:20190426220411j:plain

この一年、自分はどこに向っているのだろうと、ずっと思っていました。

会社員のときも、これから自分は何年働いて、退職したらその後どうなるんだろうと思っていたし、無職になった今も、どうなるんだろうと思っています。

 

根本の不安や、悩みが消えていないので、この気持ちは永遠に続くのかな。と、思います。

 

わたしの両親が、ふたりともこの世から旅立って、自分の人生も、確実に折り返しというか、終わりに近づいたんだなと思わずにはいられなくなった今、これから自分は「どうやって」生きていけば良いのか。と、毎日毎日考えながらの生活です。

 

 

またヨロシクお願いします

お久しぶりです。おりこです。

 

はてなブログを書いていなかった数カ月が、あまりにも疲れた日々を送っていたので、ここに帰ってきました。

 

はてなブログをやっていて、良かった・・・。

自分の気持ちを自由にトロできる場所だから。

 

 

またブログ始めます。よろしくお願いします。