花飯旅Book_おり子日月抄

シンプルでゆったりした生活を送りたいと思っています。美味しかったこと、楽しかったこと、役に立ったことなど、日常生活の小さなコト・モノをお届けします。

皮パリパリの照り焼きチキンを食べる。

野菜の皮は剥けない料理上手な夫をもつ、おり子です。

 

くやしいけれど、料理は夫にかないませんw

彼はセンスがよく、火の扱いが上手いのです。

 

お互い仕事をしていた頃は、夫が料理担当でした。私より帰宅が早かった彼は、文句も言わずに美味しい料理を作って待っていてくれました。毎日それが楽しみで幸せだったのですが、今は私が料理係になり、火加減や味加減で自己嫌悪。夫の有り難みをヒシヒシと感じているところです。

 

飯は人に作ってもらいたい‼︎

 

先日、彼の休日に作ってもらった照り焼きチキンが何とも美味しかったので、レシピを聞いて私も作ってみましたのでご紹介します。ちなみに鶏肉はコストコのさくら鶏です。

 

[照り焼きチキン]調理時間60分

 

[材料]2〜3人分  

鶏もも肉  300グラム

・塩  少々

 

【A】

・酒  大さじ2

・醤油  大さじ1 +1/2

・砂糖  大さじ1/2

 

[作り方]

①  鶏肉の身の部分に塩を少々ふり、ラップをかけて冷蔵庫に30分ほどおきます。

f:id:muroga001:20181022182619j:image

注意:写真は塩が多すぎです。パラパラと振る程度でお願いします😅

 

 

②  【A】の調味料を全て合わせておきます。

f:id:muroga001:20181022182633j:image

 

 

③  フライパンを熱し、皮を下にして鶏肉を入れ、押さえながら弱火で焼きます。油は使いません。

f:id:muroga001:20181022182652j:image

 

④  出てきた脂はペーパータオルで小まめに拭き取ります。

f:id:muroga001:20181022182718j:image

 

 

⑤  皮に焼き目がついてパリッとしたら裏返して火を通して、いったん取り出します。

f:id:muroga001:20181022182740j:image

 

 

⑥  フライパンの脂や汚れを拭き取り、【A】を加えて火にかけトロミがつくまで煮詰めます。

f:id:muroga001:20181022182757j:image

 

 

⑦  鶏肉の身のほうを下にして入れ、タレをしっかり絡めたあと裏返し、皮側もさっと絡めて取り出します。

f:id:muroga001:20181022182806j:image

 

⑧  皮を下にして食べやすい大きさに切ります。

f:id:muroga001:20181022182834j:image

 

ポイントは、①の塩は振りすぎないようにすること。④で脂を小まめにとることです。

 

グリルを使わなくても美味しい〜く焼けます。

わが家の定番にしたい一品です。