織子日月抄

テレ朝ドラマが大好きな主婦です。シンプルな生活を求めています。

一年前の今日は父の命日。一年後の今日は普通の日。

今日は、本当に普通の一日だった。

 

通勤電車でも、変な人や嫌な目に合わなかった。

普通に会社に着いて、作業に集中した。

イラっとすることも言われなかったし、

会社の外部から、嫌みメールもこなかった。

 

お昼も普通にお弁当をたべた。

一緒に食べている女の子と、ドラマ『リバース』の最終回がどうなるか、想像できないね〜と話しながら昼休みを過ごした。

 

仕事で関わりのある ちょっと苦手な女性も、

何だか今日は機嫌がいいのか、声をかけてくれたりもした。

 

上司は、テレワークで終日不在で、面倒くさい作業の指示もなかった。 

 

先週、父の一周忌に会った叔母から、優しいメールが届いて嬉しかった。

 

残業一時間。夫は歯医者。

織子  帰宅中。

 

たぶん、明日も、明後日も、多少の変化はあるだろうけれど、私は普通の一日を過ごすだろう。

 

でも、去年の今日は、父が旅立ってしまった日。

 

今日と全然ちがう、私の人生で絶対に忘れられない日だった。

 

父への深い思いを胸に、普通の日が終わろうとしている。